スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警戒区域に取り残された犬や猫を助けて下さい

今日、杉本彩さんのブログに掲載されていた日記で
1人でも多くの人に知ってもらいたいと思いましたので
掲載させて頂きました。


以下 杉本彩さんの日記より

警戒区域に取り残された犬や猫2


そして、もうひと方、

警戒区域に入ってらっしゃる

戦場カメラマンの

中川こうじさんからも

ご連絡頂いております。




中川さんとは、愛知県の

“わんにゃんサポートクラブ”

さんからのご縁で、ご連絡頂きました。




以下は、中川さんが、

12月3日4日に避難区域に入られた時に掲載された日記です。







12月4日

避難区域立ち入り許可

実は手放しではよろこべない問題山積です。




保護も段々難しくなりつつあります。




来年あたりは原発3キロは国が国有地にして

そこに放射能廃棄施設をつくり

永遠に立ち入り禁止区域になるような情報もあります。




3キロ地区にはまだまだたくさんの命が

飢えに苦しみ状況を理解できずにいます。




ぼくのすることは 少しでもこれを伝え

今救出に真に尽力している

各ボランティアが手弁当で集まり

グループ゜として活動しているところを

サポートすることだと思っています




みなさん

ぜひ協力していただけないでしょうか?




現在正直、救出許可がでるとなって

無数の保護団体さんが許可を奪い合う状態です




その直前にはほんの数グループだけで動いていたのに

今この期限のきられた許可を

ノウハウもわからず新規に入っても秩序が乱れて




例えば数カ所に絞ったえさ場が拡散して

より保護の可能性が減るでしょう。




今たくさんの団体さんが現地に入っても

保護数があがるとは思えない。




そんなことも考えずに

むらがりまた誹謗中傷を繰り返す団体さん




正直うんざりです。




今は後方支援が重要。




実動部隊のシェルターは飽和状態

せっかく捕獲に入った命も選別しなくてはいけない状況

寂しそうに絶望にそめられて

見つめる瞳にぼくは何も返せない。




急務

一時預かり

里親

シェルターを増やすことが先決




実動部隊の資金が乏しい

ぼくは全国で写真展をして伝え、資金援助をしたい。

(全国で開催したいので協力ください。この気持ち拡散ください)




なんにも今までできなかったぼくらが今組織としてではなく

個人を貫き通して立ち上がるべきではないでしょうか?




わけもわからず寄付していてもだめな時期が

きたのではないでしょうか?




わからない情報に右往左往するのはやめにしませんか?




1匹だけでも可能なら預かれませんか?

ちょっと節約して実働されている方達に支援をそそげませんか?

本当にできることはないですか?




大きなことでも現地に行くことでもないのです




もうすぐ厳冬です。

家族を待ち亡くなった命が無念なまま朽ち果てている姿

これが現実です。




人間の争いはいりません

迷いも今はいりません

言い訳も




もしそうならぼくたちは未来永劫

命に対して語れず、子供たちになにも残せない。




気に入らない人をつくりたいなら

ぼくを殺してください

恨んでください

誹謗でも中傷でもしてください

あざけ笑ってください




それで

あの苦しんでいる命を救えるならば

あの家族を引き離され泣き叫ぶ避難区域の人たちが救えるなら




もうだれかに依存せず、みんなでたちあがるときです。




メッセージください。

すべての気持ちをどうかおねがいいたします。




今回の立ち入り許可は12月27日まで。




その後はわかりません。

今既存のグループにおもいっきり保護していただくには




シェルターが必要。でもこれは急にできないので

既存のシェルターに余力を作ることです。



1匹でも可能でしたら預かっていただくかたが必要

(これの輸送はぼくがしてもいいです)




里親募集の子がいるので里親になってくださる方が必要。




今回の許可があるうちに保護しなくてはということで

なれている方とついて現地でお手伝いできる方が必要

(これに関しては慎重にお願いします。

線量の高い場所もありますから)




今は個人の意見が声が求められています

風化させないためにも




イベントをして気づいてもらいたいので

写真展などしたいのですがギャラリーまともに借りると

数万単位出費しますし、

公的なところでは募金箱を置けませんから

ギャラリー提供行政情報がほしい。




また遠方になると開催期間中の人的お手伝いが必要

(ぼくは言われた場所すべてで開催します。

集客がうんぬんかんぬんなんて考えていません)




そして

資金が必要です。




思いついたことをざっと書きましたが

みなさんのご意見もいただきたく思います。




どうか、よろしくおねがいいたします。




後方支援希望します。




メッセージください。

すべての気持ちをどうかお願いいたします。




支援金を求めます。

とりまとめて直接入って救済され続けられた

グループの『シェルター』支援にと使ってもらいます。

ただしここで取りまとめるものにたいしては

私は配分を報告いたしますが

各グループさんには収支報告強要しないでください。





振込先

ゆうちょ銀行 

208支店 

普通 1112362




ゆうちょ 

12030 11123621




ともに名義は 『ストリートキャッツ』

(ただし中川にたいしてなのか実働部隊さんに

たいしてかなのかわかるように振込名義人さまの前に

Hという記号をつけてください。

またちょっと別料金がかかりますが振込名義人様の

ご連絡先をとどけてくだされば詳細はそちらにお手紙いたします。

必要ないと言われる方はそのままでけっこうです)




一時的とはいえ今月27日まで動物救済の許可が出ました。




くどいようですが

今こそ

ぼくらがたちあがらなくてはそう思っています




長文におつきあいくださり、ありがとうございました。



※という、中川さんからのメッセージでした。




中川さんは、紛争地にて、あるジャーナリストさんの

情報収集をしておられましたが、

わけあり、『のらねこ』とよばれる

『命』の写真を撮るようになったそうです。




『のらねこ』の瞳が紛争地の

難民キャンプでみた瞳と重なったと…。




そして、この震災『津波』と『原発』




どこにも取り残されて、わけもわからず

やがて理不尽につきる『命』を目の当たりにし、




いろいろな手段で伝えなきゃと避難区域に入られました。




『伝えなきゃ』がしらぬうちに

『救わなきゃ』にかわっていたそうです。




避難区域で今も動物たちを救おうと

被曝の危険もあるというのに

そんな人たちが許可がないからと

区域内で警察に追い回され


逃げ回りながら救う尊い姿に。




中川さんは、今こそ『個人』という立場の

ぼくらが立ち上がらなくてはと思い、

このように発信されています。




私のブログの中でも、

中川さんの活動を応援してほしいというコメントを

度々目にしていましたが、

今回、ご本人と直接連絡をとることができ、

中川さんの活動を、微力ですが、

後方支援させていただきたいと思いました。




いろんなご意見はあると思いますが、


警戒区域で実際に活動してみないとわからないこと、

活動したからこそ感じたことが沢山あるのだと思うのです。




警戒区域に足を踏み入れることなく、

遠くから、また一方向から、

自分の主観で意見をぶつけることは容易くできます。




私にはできない、警戒区域の中での命のレスキュー。


自らの危険もかえりみず、命を救うという活動に対して、

私は敬意をもって支援させて頂きたいと思います。





中川こうじさん


web http://street7cats.com


blog http://nora8787.exbrog.jp


杉本彩さん

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11108475729.html





スポンサーサイト

食事療法・2週間後の結果

2週間前の血糖値の検査では空腹時で310

ヘモグロビンは10,4したが

今日は血糖値だけの検査をしてもらいました。

 結果は・・・空腹時で123でした♪

ふ・ふ・ふ♪ 
先生も「こんな結果がでるとは思わなかった!!」とビックリ!!!

今までの食生活と変わったのは

牛乳と揚げ物と肉の脂を止めただけなのに

やめたと言っても、炒め物は食べてるし

肉の脂も少しは食べてるし、ミルクも料理には使ってるから

油類の食べる量が減って野菜が多くなっただけで

食生活は殆んど変わってない。

しかも腹八分目どころか、腹一杯食べてる

な・の・に・こ~~~んなに早く結果が出るなんて

体重もピーク時からすると8kgは落ちたし

ちょっと気分が良いから もう少し頑張ろ~~~(^^♪





食事療法・人工甘味料

糖尿病デビューしちゃいましたから

今月から食事療法をしていますが

医者から言われた食べてはいけない物は
  
砂糖以外では 揚げ物・果物・カボチャで

私は甘い物と果物が嫌いだから、二つ問題なしだが

揚げ物や炒め物は大好きだから困ったね。

まぁ甘い物が嫌いでも、料理に砂糖は必要で

砂糖に変わる人工甘味料を何にしようか探してみました。

人工甘味料


パルスイートはちょっとコワい物を見つけちゃいました…

ここをクリック


マービーとラカントは問題なさそうだけど

病院ではマービーが使われてるみたいで

薬局などで売って手に入りやすいのはラカント

ホントはどっちがいいのだろう?

覚書

今月、糖尿病デビューしてしまいましたから
忘れないように自分用の覚書です。

・11月に入りしばらくして尿に泡が出てる事に気づく

・14日病院に行き尿検査をする。
      結果…GLU・4+
          PRO・2+
          PH・5.5

・15日空腹時の血液検査

・16日血液検査の結果が出る
       結果…AST(GOT) 52↑(8~38)
          LDLコレステロール 157↑(70~139)
          クローム 96↓(98~110)
          赤血球 519↑(376~500)
          ヘマトクリット46.2↑(33.4~44.9)
          血糖 310↑
          ヘモグロビン 10.4↑

悪かったのは以上だが、結構ひどいね・・・

  処方された薬…グラクティブ錠50mg
         メタクト配合錠LD  各1日1回 朝食直後

とりあえず、今月からずっと調子が悪かったから
糖尿だろうと思って食事療法をはじめた。

ウコ天へ

震災の後すぐ他の鶏につつかれて、脳性麻痺になり
歩くどころか立つ事もできなくて新聞で体を固定して
餌と水が届くようにして、頑張って生きてくれてたチビが
5月24日の23時50分頃、虹の橋を渡ってしまいました…


麻痺で脚が思うように動かないからか
勝手に動いてしまう事もあり、箱から飛び出てしまい
私が留守の時はそのまま倒れた状態のままでした…

状態は毎日違い、元気に餌を食べてくれる時と
虫以外は一切食べない時と交互でしたが
この2ヶ月半頑張って生きてくれてたのに

昨日も朝はいつも通りでしたが虫も食べなくなり
10時頃何とか1匹食べてくれたので
いつも通り自動車学校に行きました
帰って来て電気をつけると寝ていたので
水を飲ませて餌も新しく取り替えたけど
昨日は殆んど食べずに寝てばかりいたので
もしかしたら今日が最後かもと感じていました

夜12時少し前、寝る前に水を飲ませようとしましたが
もう水も受け付けない状態で、時間の問題かもと思い
私達2人が揃って覗くと目を開けて見つめてくれたので
「もう良いよ。よく頑張ったね」と言うと目を閉じ
私が抱くと私の腕の中ですっと眠るように息絶えました…
昨日は一日中目を開けなかったのに
最後に目を開けてくれたのは嬉しかったですね

110124_1058_01.jpg

たかが鶏1羽ですけど
可愛がってた仔だからショックでしたし
ヘルパーの最初の介護がウコになりましたが
下の世話や餌の介護など、毎日世話しながら
鳥も人間も介護は同じなんだと教えてもらいましたね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。